2009年04月28日

誠さんの記者会見

突如「誠のサイキック青年団」が終わって1ヶ月半。今日夕方、北野誠さんの記者会見がおこなわれました。

北野誠さん不適切発言で謝罪「ご迷惑をおかけしました」

会見の映像はまだ見ていません。しかし、ネットや報道で憶測が流れる中、ひとつのけじめはついたのだと解釈したいです。引退させたいタレントに、松竹芸能もこんな会見を用意しないでしょう。

ここで「あれは真実じゃない!」「やっぱり○○の圧力が・・・」とか騒いでも、誠さんの本意ではないような気がします(それに本当にそっち側の理由だとしても、誠さんのフォローになりませんしね)。

しかし、本当の意味で「サイキック」は終わったのだな、という気持ちは否めません。誠・竹内コンビが並ぶ舞台を見ることは、当面ない感じがします。

会見に同席した松竹芸能社長の「弊社は20年にわたり、北野の発言を見過ごしてきたことを深く反省しております」という発言にもがっかり。その20年間、ずっと楽しんできた僕たちは一体なんだったのでしょう。

だからこそ、その20年間の思いを噛み締めて待ちたいと思います。タレント・北野誠の復活を!

「死んだら、あかん!」

  


Posted by せんちゃまん at 21:39Comments(0)

2009年04月26日

1990年11月12日の誠・竹内

1990年11月12日(日)の日記より・・・

 天満橋の大手前ビジネス学院でおこなわれる、北野誠と竹内義和の講演会(トークショー)を見に出かけた。
 梅田で地下鉄に乗り換え、着いた学校は大手前栄養文化学院と一緒になっており、予想していたのとは違って華やかな雰囲気である。女の子ばかりが黄色い声を上げ、「チケット、買ってください」と営業? をしている(トークショーの会場にも、おにぎりを売りに来ていたのには驚いた)。
 結局それらを全て無視し、僕はトークショーを大いに楽しませてもらった。やはり、ラジオとLIVEでは感覚が違う。先週の立命館大学にも行っておくべきだったか…?

(後略)

この時のトークショーに行っていた人、オタ電見てる人にいるかな。昨日は「サイキック」のオフ会に行けなくて残念・・・・・次こそは!!
  


Posted by せんちゃまん at 12:27Comments(0)

2009年04月19日

20年前の新聞記事

読めるかな?

89年夏に発売された「明解サイキック讀本」を紹介する、当時の読売新聞の記事です(ずっと本に挟んでました)。

この切り抜きをひっくり返すと…

「羽川英樹のほっぺたトーク」というコラム(笑)。「2時のワイドショー」、やってましたね〜。

  


Posted by せんちゃまん at 21:31Comments(1)

2009年04月15日

92年11月7日の北野誠

1992年11月7日(土)

(前略)
 桃山台市民ホールでの北野誠のトークショー「千里友遊塾」(テーマは「人との楽しいかかわり方」)を見に行く。最初は桃山台の駅から歩くつもりだったが、南千里からも遥かに近かった。
 やしきたかじんや上岡龍太郎らのエピソードを交えてのトークは面白かった。「落ち込んだ時に励ましてくれる人が信用できる」という話には「成る程な」と思わされた。
 サインも書いてもらえた。この間の色紙が無駄にならずに済んだ。後から「サイキック」のクイズの答えを聞くんだったァ、と気が付いた。アホッ。


……以上、ブログとは別に、高校卒業以来ノートに書いている日記より抜粋しました。
ホンマそうですね、誠さん!!

それにしても、昔の日記を読むと過去の自分が客観視できて面白いです。
ブログもいいけれど、肉筆はやっぱり感覚が違いますワ(笑)。
  


Posted by せんちゃまん at 00:38Comments(0)

2009年04月11日

「誠の火を消すな」



ブログがなくなっていただけでなく、今朝になったらとんでもないことに!

北野誠 タレント廃業危機!全レギュラー降板へ

「サイキック青年団」を知らない世間一般の人は「不適切な発言ねぇ、それはいかん」と思うのかもしれませんが、もともと番組自体が「不適切な発言」のオンパレードでしたからねぇ・・・。逆にいうと、「適切な発言」ばかりの番組というのはエンターテイメントとしていかがなものか。

実際のところ、それは「サイキック」という番組を打ち切りに追いこんだ圧力主にとって「不都合な発言」(あるいは癇にさわる発言)だったんじゃないでしょうか。

同じくラジオ番組での発言が原因で謹慎に追いこまれた某女性アーティストの時と違って、今回は「不適切な発言」の内容自体がなんなのか、全く明らかにされていません。北野誠というタレントの過失(?)よりも、「不適切な発言」をおこなった番組以外までも彼から奪ってしまう力が存在することに、なにやら薄気味悪いものを感じます。骨のあるメディアがその存在を暴いてくれたらいいけれど。

「サイキック」の基本精神はギャグでした。圧力主にそれがわからなかったとは思いません。力があるなら、それこそ無視すればいいんです。噂にあるような宗教団体だったら、尚更です(てゆうか、圧力なんて行為は宗教の教えにないでしょう)。

だから僕もギャグで、誠さんにエールを送りたいと思います。
「誠の火を消すな~!」
  


Posted by せんちゃまん at 21:31Comments(0)

2009年04月10日

誠さんブログがない!



「サイキック青年団」に続いて、今度は誠さんのブログ「サイキックブラザーズ1号」までもが抹消!?

う〜ん、「諸事情によりしばらくお休みします」という告知さえ許されない状況なのでしょうか。

サイキッカーとしては裏事情を推測し、理解したいところなんですが、やはり残念というか、失望感があります。

その対象が何なのか、はっきりしないところが何ともいえず消化不良・・・(*_*)

  


Posted by せんちゃまん at 22:11Comments(4)

2009年04月01日

NHKに誠さん!

スタジオへ登場するところで、「サイキック」のテーマが…!

NHK大阪放送局のサイキッカーさん、泣ける演出、ありがとう(ToT)

  


Posted by せんちゃまん at 17:15Comments(3)

2009年03月29日

20年前の「サイキック」!

発掘シリーズ(?)、今回は「ラジオパラダイス」1989年1月号。買ったのは「サイキック」を聞き始めて、しばらくたった88年12月と思われます。



目当てはこの記事、「MAKOTOのサイキック青年団 MAKOTO&竹内義和ロングインタビュー」です。ケータイ写真で大きめに撮ってみましたが…。

元の雑誌より大きく表示されちゃいましたが、読みやすいし、ま、いっか!(笑)









昨日は新大阪メルパルクホールでイベント、今日は番組最終回と、本来は「サイキックLast2Days」の予定だったんですけど、15日深夜に突然の終了発表。もやもやした気分のまま、2週間が経ってしまいましたが、この記事に出てきた板井さんの言葉を読んで、ちょっぴり慰められました。

板井「ただもうええんちゃうのというね、ラジオなんて10年もやるもんじゃないっすよ。
うちは3年で終わりますから。もうちょっとで半年で終わりそうになりましたけど(笑)」


  


Posted by せんちゃまん at 12:12Comments(7)

2009年03月22日

「そこまで言って委員会」で…

「サイキック」の話題が!

  


Posted by せんちゃまん at 14:49Comments(4)

2009年03月17日

「Yahoo!」のトップに!

トピックスに「サイキック青年団」終了のニュース。

サイキックを知らなかった人には、どんな記事として受け止められるんでしょうね。

  


Posted by せんちゃまん at 18:54Comments(0)

2009年03月16日

「Walk On The Wind Side 」

昨日の夜、「コニー・アイランド・ベイビー」が聴けなかったので、久々にルー・リードのベスト盤CDをかけています…

  


Posted by せんちゃまん at 22:56Comments(0)

2009年03月16日

ありがとう、「サイキック」・・・

3月28日を待たずに、昨日深夜(いや、先週か?)「サイキック青年団」が突如終了。3回分の放送がなくなる事情って、一体何でしょう。

これまであった番組への「圧力」に対する防御力が、番組終了決定に伴い、次第に減少。以前ならはね返せたようなことでも致命傷になり、打ち切り劇を招いたのかな。いろんなことを邪推していまします。

一方的にABCを責めたくないけれど、番組サイトには終了の説明文だけで、過去のコンテンツが消えているし、ABCの歴史からも「サイキック」は抹消されそうな予感。

誠っちゃん、竹内アニキ、そして板井Dをはじめ「サイキック」に関わったすべてのスタッフに「ありがとうございました。お疲れ様でした」。しかし、これは29日の放送後に言いたかった!!

  


Posted by せんちゃまん at 12:05Comments(0)

2009年03月16日

「サイキック」、先週が最終回!?

昔からいろんなラジオ番組を聞いてきましたけれど、こんなにやるせない気持ちになったのは初めてかもしれません。

番組終了が判明した2月22日以来、サイキッカーには不安な日曜日が続いていましたが、トドメをさされました。

だいたい、他の番組ではあまり取り上げないアンタッチャブルな話題・・・それこそ「諸般の事情」の部分を邪推してきた「サイキック」の番組自体が、アンタッチャブルな終わり方をして、どーすんのよ!?

  


Posted by せんちゃまん at 01:34Comments(0)