2016年01月23日

山口二郎氏を迎え、第4回「前田日明ゼミin西宮」開催!

semi011601


1月16日、政治学者・法政大学教授の山口二郎氏をゲストに迎え、西宮市のノボテル甲子園にて第4回「前田日明ゼミin西宮」が開催された。

山口氏の講演は「戦後システムはいかに崩壊したか」というレジュメを元に進行。戦後初期の保守派と革新派の対立から現在の安倍政権への流れを順序だてて説明し、「憲法9条の枠内における自衛力は、専守防衛という理念に結びついていて、海外における武力行使を否定している。だから集団的自衛権は認められない。安倍総理には岸信介が挫折した憲法改正を果たして、歴史に名を残したいという“劣等感”がある。2016年はその仕上げの段階に入ろうとしていて、衆参同日選挙の可能性も否定できない。2014年の総選挙の投票率は約53%で、その5年前と比べると17%も減っているから、安倍政治の支持者は増えていないのが現実だ。我々は“逆襲”しなければならない」と訴えた。


  続きを読む


Posted by せんちゃまん at 22:23Comments(0)