2009年04月30日

スーパーハルクトーナメント!



5月26日、横浜アリーナでおこなわれる「DREAM.9」で、「スーパーハルクトーナメント~世界超人選手権~」と題した無差別級トーナメントが開催されることが発表されました。

世界最高峰の舞台は今やアメリカの「UFC」。そこで「最強」ではなく、「超人」というコンセプトを持ってきたのは、いい目のつけどころだったかもしれません。ボブ・サップvsミノワマン、ゲガール・ムサシvsマーク・ハントといったカードは面白そうですね。

しかし、元メジャーリーガーのホセ・カンセコが、チェ・ホンマンを相手に総合格闘技デビューするというのは、一体なんなのでしょう。「Dynamite USA」でデビューした、元アメフト選手(名前忘れました。調べる気も起きません)の二の舞になる気がしてなりません。また、「アスリートとしての潜在能力の高さ」ってことで売るんだろうなぁ・・・。UFCのダナ・ホワイトが「スーパーハルクトーナメント? ジョークな大会だな!」ということは間違いナシ(笑)。

当日、TBS系でおこなわれる試合中継はWBC世界フライ級タイトルマッチ、内藤大助vsユウ・チョウチュウと共に「史上初の二大格闘技祭り」として19:55~22:54の3時間枠で放映されるとのこと。何しろ昨年、TBSでいちばん視聴率を稼いだのは、内藤の試合ですからねぇ。このジョイントが企画としていちばんのキモかもしれません。

内藤の試合が凡戦だったり、1ラウンドで終わったりなんてことは・・・・・考えたくありませんワ(;´▽`A``

ミノワマン、サップ戦のテーマは「本物」=DREAM
  


Posted by せんちゃまん at 20:42Comments(1)

2009年04月29日

北野誠探偵への依頼


「復活の日を待っています。

それまでの間、いい意味で充電期間にしてくださいね!」

  


Posted by せんちゃまん at 23:47Comments(1)

2009年04月28日

誠さんの記者会見

突如「誠のサイキック青年団」が終わって1ヶ月半。今日夕方、北野誠さんの記者会見がおこなわれました。

北野誠さん不適切発言で謝罪「ご迷惑をおかけしました」

会見の映像はまだ見ていません。しかし、ネットや報道で憶測が流れる中、ひとつのけじめはついたのだと解釈したいです。引退させたいタレントに、松竹芸能もこんな会見を用意しないでしょう。

ここで「あれは真実じゃない!」「やっぱり○○の圧力が・・・」とか騒いでも、誠さんの本意ではないような気がします(それに本当にそっち側の理由だとしても、誠さんのフォローになりませんしね)。

しかし、本当の意味で「サイキック」は終わったのだな、という気持ちは否めません。誠・竹内コンビが並ぶ舞台を見ることは、当面ない感じがします。

会見に同席した松竹芸能社長の「弊社は20年にわたり、北野の発言を見過ごしてきたことを深く反省しております」という発言にもがっかり。その20年間、ずっと楽しんできた僕たちは一体なんだったのでしょう。

だからこそ、その20年間の思いを噛み締めて待ちたいと思います。タレント・北野誠の復活を!

「死んだら、あかん!」

  


Posted by せんちゃまん at 21:39Comments(0)

2009年04月27日

「戦国絢爛」チョコ

初めて買いました。

さて、中身のカードは誰だろう〜?(^.^)

  


Posted by せんちゃまん at 21:12Comments(0)

2009年04月26日

昨日の「コボちゃん」

いつもはスルーしているマンガですが、あるブログでこのコラボ?に気が付きました。

ええんか、これって?(^_^;)

  


Posted by せんちゃまん at 17:18Comments(2)

2009年04月26日

1990年11月12日の誠・竹内

1990年11月12日(日)の日記より・・・

 天満橋の大手前ビジネス学院でおこなわれる、北野誠と竹内義和の講演会(トークショー)を見に出かけた。
 梅田で地下鉄に乗り換え、着いた学校は大手前栄養文化学院と一緒になっており、予想していたのとは違って華やかな雰囲気である。女の子ばかりが黄色い声を上げ、「チケット、買ってください」と営業? をしている(トークショーの会場にも、おにぎりを売りに来ていたのには驚いた)。
 結局それらを全て無視し、僕はトークショーを大いに楽しませてもらった。やはり、ラジオとLIVEでは感覚が違う。先週の立命館大学にも行っておくべきだったか…?

(後略)

この時のトークショーに行っていた人、オタ電見てる人にいるかな。昨日は「サイキック」のオフ会に行けなくて残念・・・・・次こそは!!
  


Posted by せんちゃまん at 12:27Comments(0)

2009年04月24日

草なぎ君と鳩山大臣



酔っ払って、全裸で路上に放置されたというプロレスラーの話、聞いたことありません? 誰だったか思い出せませんが、あれって、運がよかったのかなー。

草なぎ君だって、警官に注意された時に謝っていれば、逮捕までには至らなかったんでしょうね。公然わいせつといっても、深夜の公園だったわけだし。マスコミにばれても、酒好きのタレントとしては豪快な逸話としてネタになっていたでしょう。

それを「最底の人間」といった鳩山邦夫大臣って、どうなんでしょう。政治家が同じことをしていたら「遺憾に思う」とか、いっていただろうに。そりゃ肝いりの地デジのキャラクターということで、そんな発言が飛び出したとは思いますが、世界中に酩酊状態の映像が流れた中川昭一前大臣の方が“罪”は大きいんじゃないのかな。

発言を撤回して謝るよりも、撤回するような発言を軽々しくおこなったこと自体を謝ってほしいですよね。政治家なんだから自分の言葉に責任を持ってくださいよ。

ところで中川昭一はコメント出していないのかなー。気になります。


  


Posted by せんちゃまん at 22:34Comments(0)

2009年04月23日

モバイルシークレットボイス

これもお宝グッズといえるのでしょうか。2001年頃、新聞の読者プレゼントで当たった「モバイルシークレットボイス」です。久しぶりに触ったら、ベルト部分のプラスチックが割れてしまいました(笑)。



このようにケータイにセットして使用するアイテムです。





どんなケータイにもぴったりマッチしそうなガンダムフェイス。さすがデザイン・大河原邦男!



電話の着信をアムロの声で知らせてくれるだけでなく、「アムロが電話をかけてきた人の番号と通話回数を記憶」し、それに合わせてセリフが変わる仕組みになっているそうです。

…「そうです」と書いたのは、そこまで使いこなしていなかったら(笑)。だいたい頻繁に着信がないと遊べないし、逆に着信が多いとかさばってしまい、かえって不便なんですよね。参考に説明書の写真を載せておきましょうか。





今なら、ケータイサイトのサービスでほとんど手に入るかな? しかし、コレの「データにない機体か?」(登録なしの着信)が聞けないのは、ちょっと惜しい(笑)。



そうそう、セットも結構面倒だったんですよね。ケータイのシルエットをカスタマイズできる楽しみはありましたが…。

セットしやすくて、かさばらず、しかもカッコよくて、実用的なケータイ・アクセサリー、出てこーい!!
  


Posted by せんちゃまん at 21:56Comments(0)

2009年04月23日

裸の「草なぎメンバー」

SMAP草なぎ剛が公然わいせつの現行犯で逮捕! 「ぷっすま」でも予定外(?)にビールを飲んでいる彼を見たことがあったので、伊津野亮の「全裸になってはいけませーん!」というナレーション付で、逮捕される場面を想像してしまいました。

罪としては軽いかもしれないが、タレントとしてのイメージはガタ落ち。稲垣吾郎も8年前の逮捕歴が思い出されてかわいそう・・・てゆうか、二人も前科者がいるグループってどうなんだろ? 吾郎ちゃんのように、剛君も「草なぎメンバー」と呼ばれるのか?

  


Posted by せんちゃまん at 13:02Comments(0)

2009年04月22日

映画「イデオン」新聞広告

82年7月に公開された映画「伝説巨神イデオン」(※映画本編では「THE IDEON」と表記)の新聞広告です。





下の写真の切り抜きをぺらっとめくると、映画紹介の記事が映画紹介の記事が掲載されていました。

「ロッキーⅢ」「ポルターガイスト」「コナン・ザ・グレート」…「ブレードランナー」も同じ夏の公開だったんですね。

「OS劇場」「梅田ロキシー」「大毎地下」などの劇場名も懐かしい!


  


Posted by せんちゃまん at 20:47Comments(1)

2009年04月22日

昨日のK-1 WORLD MAX

別のブログでは試合前日に勝敗予想をしましたが、長島☆自演乙☆雄一郎がアルバート・クラウスに勝つというのは、やっぱりギャンブルでした。長島らしい動きを見せる前にクラウスのパンチでKO負け。とはいえ、この敗北が長島をさらに成長させることは間違いないでしょう。

がっかりさせられたのは佐藤嘉洋。試合前、大口を叩いていた(と表現せざるをえませんな、結果的に…)のに、ドラゴに判定負け。延長で失速したのはドラゴとの精神力の差なんでしょうね。

日本人選手として唯一トーナメントに残ったのは、イム・チビンに勝った山本優弥です。最後の砦としてどこまで勝ち進めるか、目が離せない存在になりそうです。周囲の期待も大きいと思いますが、プレッシャーをはねのけてほしい!

昨日の試合を見た感じでは、優勝候補筆頭はやはりアルトゥール・キシェンコかな。

引退表明をしている魔裟斗は、後継者と目されているとのエキジビジョンマッチを披露。テレビ中継で入場シーンまで流す作りになっていたのは、仕方ないか~。


  


Posted by せんちゃまん at 11:48Comments(0)

2009年04月20日

長島☆自演乙☆がフルボッコ宣言!

いよいよ明日に迫った「K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL16」。オタ電的に注目したい選手はやはり、長島☆自演乙☆雄一郎ですね。前日会見ではこのコスプレを披露…誰だかわかる人、教えてください(笑)。



対戦相手の初代世界王者アルバート・クラウスに「ボコボコ ニ シテヤル!」と言い放たれた長島は「僕がフルボッコにしてやります」ときっぱり。果たして勝利を手にするのは初代王者クラウス、それとも長島か?

その他、おこなわれる試合は下記の通りです。その勝ち負けだけをさくっと予想してみました。果たしてどれだけ当たるかな?
  続きを読む


Posted by せんちゃまん at 23:51Comments(1)

2009年04月20日

「来るべき世界」



富野監督の出演が話題になった、18日放送のNHK-BS「週刊手塚治虫」。

HDDに録画していた番組を途中まで見ていて、思い出しました。

「あっ、そういえばウチに『来るべき世界』の文庫、あったぞ!」

再読してから続きを見ようと思います。
  


Posted by せんちゃまん at 20:25Comments(0)

2009年04月19日

20年前の新聞記事

読めるかな?

89年夏に発売された「明解サイキック讀本」を紹介する、当時の読売新聞の記事です(ずっと本に挟んでました)。

この切り抜きをひっくり返すと…

「羽川英樹のほっぺたトーク」というコラム(笑)。「2時のワイドショー」、やってましたね〜。

  


Posted by せんちゃまん at 21:31Comments(1)

2009年04月18日

竹内結子とガンプラ

HDDに録画していた竹内結子主演の映画「サイドカーに犬」を見ました。



この映画、80年代初頭が舞台なんですが、250ミリリットルの細長いコカコーラの缶やパックマンなどと共に、時代を象徴するアイテムとして“ガンプラ”が登場。

主人公の9歳の女の子の弟が、古田新太演じる父親に欲しいものを問われ、「ガンプラ!」というと、古田が「ガンプラ? ガンモの天ぷらか」と答える場面もありました。

竹内結子演じる、男勝りで天真爛漫な「ヨーコ」がイイ! レンタルDVDで借りる作品に迷ったらどうぞ。

http://www.bitters.co.jp/sidecar/
  


Posted by せんちゃまん at 22:24Comments(0)

2009年04月17日

明太子フランス

誰だろう、明太子とフランスパンという絶妙の組み合わせを考えたのは!

何やら無性に食べたくなり、地元のパン屋さんで購入。ウチに帰って、早速パクッ。

ガリッ。歯応えあるフランスパンの中から明太子の風味が広がります…(^.^)

ドリンクはマグカップに入れた牛乳がよく合うのよね!

  


Posted by せんちゃまん at 21:50Comments(3)

2009年04月16日

「ガンダム宇宙大戦」がやりたい!

最近オタ電のみなさんのブログを読んでいて、プレイステーションポータブルの「ガンダム 戦場の絆 ポータブル」に興味津々!

でもなぁ、どんくさいから反射神経が要求されるゲームは昔から苦手なのよね。アーケード版の「戦場の絆」だって、友達に同乗(?)したのみだし。

てゆうか、ウチにあるゲーム機のハード、プレイステーション(PS1ではなくオリジナルのプレステです 笑)とゲームボーイアドバンスさえやりこんでいない(持っているソフトもPSが4点、GBAが2点のみ。ちなみにPSソフトの「ギレンの野望 ジオンの系譜」も、ある意味中断したまま)のに、PSP買ってもなぁ。

まあ、チラシでも見て検討するか……。






アレッ、いつのだ、コレは!?

まん中の「ガンダム 宇宙大戦」がやりたいな!

  


Posted by せんちゃまん at 21:34Comments(1)

2009年04月15日

92年11月7日の北野誠

1992年11月7日(土)

(前略)
 桃山台市民ホールでの北野誠のトークショー「千里友遊塾」(テーマは「人との楽しいかかわり方」)を見に行く。最初は桃山台の駅から歩くつもりだったが、南千里からも遥かに近かった。
 やしきたかじんや上岡龍太郎らのエピソードを交えてのトークは面白かった。「落ち込んだ時に励ましてくれる人が信用できる」という話には「成る程な」と思わされた。
 サインも書いてもらえた。この間の色紙が無駄にならずに済んだ。後から「サイキック」のクイズの答えを聞くんだったァ、と気が付いた。アホッ。


……以上、ブログとは別に、高校卒業以来ノートに書いている日記より抜粋しました。
ホンマそうですね、誠さん!!

それにしても、昔の日記を読むと過去の自分が客観視できて面白いです。
ブログもいいけれど、肉筆はやっぱり感覚が違いますワ(笑)。
  


Posted by せんちゃまん at 00:38Comments(0)

2009年04月14日

「めぐりあい宇宙」新聞広告・その2



「首なしガンダム」のカラー広告は大きな話題になりました。東京では全10段広告(夕刊のテレビ欄の下のサイズ)だったようです。広告が複数あるのは、友達からも譲ってもらったおかげ(笑)。




  


Posted by せんちゃまん at 12:46Comments(3)

2009年04月13日

「めぐりあい宇宙」新聞広告・その1



「ガンダム講談」最終章到達記念!

ジーク・ジオン!!
  


Posted by せんちゃまん at 00:40Comments(0)