2009年05月07日

「ヤマトよ永遠に」腕時計

1980年8月公開の映画「ヤマトよ永遠(とわ)に」とタイアップした腕時計のパンフレットがありました。



この頃は時計のデジタル表示自体が珍しく、ヤマトが持つメカとしての魅力から、このタイアップが実現したのだと思います。古代進、森雪出演のラジオCMも流されていました。当時は「ヤマトのコックピットを連想させる」や「ニューヨークのハイテック感覚なのだ」といったコピーがハマッていたようですが、今見るとデザインは粗品に近いですね(笑)。しかし、8桁のカリキュレーター(計算機)機能って、どういうニーズを想定したんでしょう。



このパンフによると、森雪は「優しさの中に強さを秘めた23世紀のコスモ・ギャル」だとか。当時の女性は森雪に憧れて、この腕時計を手に・・・してないだろうなあ(笑)。

なお裏面はこんな感じでした。





  


Posted by せんちゃまん at 22:38Comments(0)