2018年05月29日

衝撃の「宇宙戦艦ヤマト2202 第五章」!




28日午後、大阪ステーションシティシネマで「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇」を見てきました。ネタバレにつながるような感想は避けますが、確かに衝撃度は高かったです!

とは言え、第四章まであったような「次が楽しみ!」「待ち遠しい!」みたいな期待感や満足度とはズレを感じたことも否めませんでした。

公式サイトで「第六章 回生篇」のあらすじが公開されているのはともかく、ネタバレ的な内容になっているのはいかがなものかと・・・。

新たに出てくる宇宙戦艦が「銀河」?! これって、副監督の小林誠が二次創作的に発表してきたものみたいな認識しかないのですが、ヤマトの世界で“宇宙船が旧世紀の戦艦の姿をしている”意味を台無しにしているとしか思えません。

小林誠といえば、ネタバレ的なツイートをリツイートしてくるので、先週末にフォローを外したのですが、夕方あらためてフォローしようとしたところ、ブロックされていました・・・。検索すると、批判的なツイートをした人はことごとくブロックしているようですね。それってクリエイターの姿勢として、どうなんでしょう? 他者の意見を受け入れないネトウヨらしいと言えば、それまでだけど(笑)。
  


Posted by せんちゃまん at 12:04Comments(0)